web日記

    出張写真撮影の活写真事務所 日々思ったことや出来事を書いていきます。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    小さな花束

    小さな花束

    「今日はお母さんの誕生日だから、どんな小さな物でもいいから、何か買って来いよ。」という言葉が、娘に対して喉まででかかりましたが、黙っていました。
    きっと言えば「分かってるよ」と不機嫌になるに決まってます。
    晩ご飯の時簡になっても帰ってこない娘。やっぱり忘れてたんだと思いながらも少しがっかりしました。
    御飯を食べ終わった頃に娘が帰ってきました。
    聞けば、花屋を探してあちこち回ったとの事でした。
    最初のスーパーで花束を買っけど、すこし行ったら花屋が有ったので、頼んで花束を作ってもらったと少し嬉しそうに話てくれました。
    私が買って来たケーキと娘の花束、息子が買ってきたアイス。嫁は喜んでくれました。
    みんな、浮き世の義理を果たしてくれたことに、ホッと胸となで下ろしました。
    スポンサーサイト
    1. 2011/09/30(金) 07:36:23|
    2. 家族
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    心地よい一日

    日差しが優しい
    日差しが優しい

    今までの暑さが嘘のように、涼しい朝が続いてます。
    エアコンもつけなくても良いし、なにより朝起きて、シャワーを浴びなくていいのが楽です。
    虫が鳴いて、すっかり秋になってきました。
    陽が早く落ちるのは寂しいですが、こういう気候が長く続いてほしいです。
    秋の夜長を読書でもして過ごしたいものです。
    1. 2011/09/28(水) 17:40:32|
    2. 生活
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    秋の夕暮れ



    32149795-_DSC0432_1.jpg

    最近は私用もあってドタバタとしていましたが、今日はゆっくりとできたので、嫁と六本木まで散歩しました。
    商業施設に隣接している公園を散歩して、某フィルムメーカーのギャラリーなどを覗いている内に陽が傾いていました。
    以前は六本木に住んでいましたが、そのときとは雰囲気が変わった気がします。
    ここはお店が変わったとか、新しいビルができているとか、話ながら歩いているうちに暗くなってきました。
    陽がくれるのが早くなりました。都会の夕暮れは空が広く見え難いのが残念です。
    暗くなってくると、なぜだか家に帰りたくなってきますね。
    1. 2011/09/24(土) 05:34:18|
    2. 生活
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    快晴

    オフィス街の青空

    今日は一転、台風一過の快晴になりました。
    昨夜の台風の雨、風が信じられないくらいの青空です。
    あちらこちらに昨夜の傘の残骸が山のように堆く積んであります。
    災害による都市機能の麻痺はさけられないのでしょうか。夕べも帰宅困難車を沢山みかけました。
    幸いにも私と私の家族は被害がありませんでしたが、亡くなった方もいらっしゃるようです。ご冥福をお祈りします。
    最近は自然災害が多いような気がしますが、地震とか台風とか何かつながりがあるのでしょうか。
    今までに経験したことのない規模での災害が続いているような気がします。
    1. 2011/09/22(木) 06:13:14|
    2. 出来事
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    晴れ男、腫れ男

    サトイモ畑

    私は今まで晴れ男とよく言われてました。
    つい今しがたまで降っていた雨がやんで、撮影が順調に終わったりした事も多く有ったからです。
    森山の晴れ男伝説なんて、自分では密かに思ってました。
    話は変わって、富士登山で痛めた足の親指の腫れがやっと少し引いてきました。
    靴が合わなかったのか、親指に力を入れすぎていたのか、親指全体が血豆のようになって縦横ともに倍くらいに腫れていましたが、傷みも腫れもやっと収まりつつあります。
    足の親指が痛くなって初めて、歩くときに親指に力を入れてるだと気づきました。
    暫くしたら、また走ったりして見たいと思っていますが、どれくらいはしれるのやら、、、、
    また、足腰を鍛えて、山登りに挑戦したいと思っています。
    1. 2011/09/20(火) 03:07:35|
    2. 生活
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    お神楽



    31551183-_DSC0226_1.jpg

    31551184-_DSC0291_1.jpg

    31551186-_DSC0178_1.jpg

    31551187-_DSC0181_1.jpg

    31551188-_DSC0316_1.jpg

    31551189-_DSC0332_1.jpg

    その存在には気がつきながら見る事がなかった、お神楽を見にいってみました。朝、早いといっても10時40分です。
    観客が私ともう一人ですが、お神楽はスタートしました。私は出雲市の大社町の生まれなので、お神楽は何度か見た事があります。
    お神楽と言えば、出雲と高千穂を思い出します。
    でも大都会の真ん中でのお神楽はあまり見た事はありませんでした。観客の少なさにも驚きです。
    外国人の人も見ていきますが、あまり面白くないのか、理解できないのかすぐに帰っていきます。
    最後に、お菓子を蒔かれていましたが、私は取り損ねました。前の男性が「あなた、とれなかったでしょう」と言って、お菓子を分けてくれました。
    親切な人もいるものですね。
    秋を感じる風を受けながら、久々に懐かしいお神楽を楽しませてもらいました。



    続きを読む
    1. 2011/09/11(日) 03:26:23|
    2. 出来事
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    秋祭り

    提灯の灯りがいい雰囲気

    立派なお神輿

    これからお祭り本番です

    お社につきました

    物心ついた時から引っ越しが多かった私には、地元と言える場所がない感じで、祭りではいつも見学者でした。
    今日、麻布十番で秋祭りをやっていました。周りから、写真を撮っていましたが、ふっと小さい頃の思い出がよみがえりました。
    寂しいような、懐かしいような不思議な感覚です。祭りに燃えられる人って羨ましい気がしますね。

    この記事は、過去に投稿したものを掲載していたブログが閉鎖になったので、手作業で再投稿しました。
    1. 2011/09/10(土) 04:55:35|
    2. 生活
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    爪あと

    海から一キロ離れたところも波に襲われた
    海から一キロ離れたところも波に襲われた

    空は高く青いのに、下は塩害で大変
    空は高く青いのに、下は塩害で大変

    仕事が予定どおりに終わったので、近いし折角だから、見ていきましょうという事になりました。
    今、私が写真を撮っている場所は、海から1kmの地点です。
    一見、何でもない耕作放棄地のように見えますが、じつは津波にのまれた田畑なのだそうです。集落も有ったでしょう。近くには小学校の廃墟が見えます。
    見難いかもしれませんが、写真の奥の方に高い高速道路が見えます。その高速道路まで津波が押し寄せたそうです。私が立っている地点から、その高速道路までは3kmはあります。
    今まで、テレビとかで見たり、テレビの地図で見た事はありますが、実際にこの場に立って見ると、あまりの規模に言葉がでなくなります。
    この草むらと草むらの下の地面には人々の思い出と、波が運んできた残骸などが埋まっているとの事でした。
    そういった物を掘り出してからの復旧作業になるので、時間がかかるようです。本当に気の遠くなるようなことですね。ご苦労様です。
    見学をして帰るときに、自転車に乗った若い人がたくさん、海の方に向かって走って行かれるのを見ました。
    私の推測ではボランティアの若い人だと思いました。本当にご苦労様です、お疲れさまです。

    この記事は、過去に投稿したものを掲載していたブログが閉鎖になったので、手作業で再投稿しました。
    1. 2011/09/09(金) 03:48:39|
    2. 出来事
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    浮世の義理



    仕事から、帰ると子供がご飯を食べていました。食事をしながら、あれが食べたいこれが食べたいとうるさく言うので、「そんなに言うなら、自分で作れ」というと、「そうだね、今日の晩ご飯は自分が作る」と言い出しました。
    これはちょっと大変な事になったぞと思いながら、じゃあ買い物にいくから、必要な材料を書けと言って書いてもらい、買い物をしてきました。
    今まで子供が料理を作ると、下ごしらえから片付けまで全部コチラがやるので、自分で作るより大変なことになってしまうんです。
    まあ、我慢をして作ってもらう事にしました。
    子供の料理は、ゲームマシンで作るものです。何か、手順が出てくるみたいですね。あまり口出しをすると嫌がるので、我慢をしながら待っていると「エビとほうれん草の卵炒め」と「卵のかき玉汁」「キュウリの塩揉み」ができてきました。後は嫁の作った、ハンバーグで食事をしました。
    息子の作った料理を嫁と二人で美味しい、美味しいと言って食べると、息子の鼻は大きく膨らんでいました。

    この記事は、過去に投稿したものを掲載していたブログが閉鎖になったので、手作業で再投稿しました。
    1. 2011/09/07(水) 04:57:34|
    2. 家族
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    秋の気配

    雲の流れが早い

    のろのろ台風のお陰で変な天気が続きましたね。大変な被害が出た所もあります。
    被災地の方にお悔やみを申し上げます。一刻も早い救出と復旧を祈っています。
    今日は台風も過ぎたので、青空になると思っていましたが、急に空が暗くなって雨が降ったり、不安定な天気に戸惑いました。
    しかし、朝夕は大分しのぎやすくなりましたね。夕方買い物に行くときには虫が鳴いていました。秋近しですね。
    1. 2011/09/06(火) 08:25:51|
    2. 生活
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    富士登山2

    もうすぐ日が昇る

    きれいにでました

    ご来光を待つ人たち

    日の出前の山頂は異世界を感じる


    寝たと思ったら、ガサゴソと音がし始めて、目が覚めた。何時だろうと思って時計を見ると、まだ12時半です。
    もう一度眠ると、起きれそうもないので、そのまま布団の中で時間まで待っていました。
    昨夜よりも頭痛も吐き気もおさまっています。今日はいけそうな気がします。
    歩き初めてしばらくして、休憩です。ヘッドランプを消して空を見上げると、天の川、オリオン座などの星が降ってきそうなくらいに近くに見えます。
    登山を再開して、周りを見ると光の列が山頂を目指して、何本も見えます。
    ハアハアといいながら、真っ暗な道を歩いて、やっと頂上の鳥居が見えました。
    驚くほどの人が居て、ビックリです。御来光まで時間がありそうだったので、山小屋で味噌汁とお汁粉を頼んで、宿のお弁当を食べながら一息です。
    御来光の瞬間、あちらこちらから、「あ?」と言う声が上がり、シャッター音がカシャカシャとなっています。感動の瞬間はあっと言う間に過ぎました。
    体力があれば、噴火口の周りを回る、お鉢めぐりツアーに参加をしたかったのですが、帰りのことを考えるとやめた方がいいと思い下山です。
    降りが続くと、だんだん膝に負担がかかり、尚且つ滑りやすい山道だったので、転びそうになって体勢を立て直そうとして、前につんのめって五体投地のような格好で、滑ってしまいました。
    周りで休憩していた人たちが、起こしてくれて膝に痛み止めのスプレーをかけてくれたり、親切にしてくれました。皆さんの親切が身にしみます。
    段々、筋肉が痙攣を起こしてきたので、休憩が多くなってきて、娘が見かねて私の荷物を一つ持ってくれました。
    小さな娘の後ろ姿が大きく、頼もしく見えました。


    この記事は、過去に投稿したものを掲載していたブログが閉鎖になったので、手作業で再投稿しました。
    1. 2011/09/01(木) 01:45:38|
    2. 家族
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。