web日記

    出張写真撮影の活写真事務所 日々思ったことや出来事を書いていきます。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    もうすぐ

    23940710-fuji

    もうすぐ、都知事選挙なんですね。
    今まで投票に行って、自分が投票した人が当選すると「ああ、みんな同じ考えなんだ」って思って、自分は人とずれていないなと思っていました。
    今度はどの方が都知事になられるのか、早く結果が見たい気もします。
    まあ、どの方が当選されても、自然環境とか人に優しい政策、政治をしてほしいものです。

    スポンサーサイト
    1. 2011/03/31(木) 17:04:00|
    2. 未分類
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    暗闇

    河津桜のピンク色が鮮やかです

    テレビのCMで、無駄なメールや電力の消費をやめるよう、働きかけているせいか
    我が家の電話も鳴らないし、メールも来ないし迷惑メールすら来ないようになりました。
    夕べ、用があって車ででかけたのですが、街が暗くて妙に懐かしい気持ちになりました。
    私が子供の頃は、田舎にすんでいたこともあって、電話も呼び出しだったし、夜に
    なると外が暗闇があたりまえでしたし、雷が落ちたりすると停電もよくありました。
    すっかり、都会生活に慣れてしまっていましたが、今回の節電で昔を思い出しました。

    この記事は過去に投稿したものです。掲載していたブログがなくなったので、もう一度掲載しました。
    1. 2011/03/26(土) 22:05:22|
    2. 生活
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    緊張関係

    23618560-_DSC6833_1630418

    普段、人物撮影をする際には、被写体となる方との会話(雑談)が重要な要素 を持っています。

    大体、どんな写真が必要なのか、広報の方の指示をうけてから、照明や背景紙 をセットして広報担当者の方に代わりに立っていただいて試し撮りをして確認を してから、被写体の方を待ちます。

    写真を撮る私も、相手の方も初対面のことが多く、どんな方を撮影するのか、 会って見ないと判りません。

    こちらがあまり緊張をしていると、相手の方にも緊張が伝わって、硬い表情になる ので、まず、挨拶をしてから、被写体の方が笑顔になっていただけそうな質問を したり、冗談を交えながら、どんどん写真を撮っていきます。

    どんどん、撮るのはシャッター音とか、雰囲気に慣れてもらいたいからです。

    アトで見ると、やはり撮影後半の方が私の話しかけに笑っていただいたりした分、

    表情がリラックスしてて良い写真になってます。

    質問が、被写体の方に噛み合わなかったりすると、笑顔の写真が撮りにくくなる ので、どんな話をすれば、笑顔になっていただけるか?緊張しますね。

    1. 2011/03/26(土) 00:55:00|
    2. 未分類
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    どちらも有り

    友達からの葉書が届きました

    夕べはtwitterに書かれてあった、youtubeのぽぽぽぽ〜んを見て、家族で盛り
    上がりました。

    今日は、ニューヨークに住むドイツ人カメラマンの友人から、原発のことで心配
    するメッセージがfacebookで送られて着ました。
    また、都内に住む友人からは封書の手紙が、送られて着ました。
    この現代に、ニュースは瞬時に世界に配信されて、距離はあまり感じなくなって
    来た気がします。
    居住の遠いところから、電子メール、都内の友達から手紙の封書。電子メール
    と、手作りの手紙と、手段の違いはあってもどちらも暖かい心を感じます。

    この記事は他のブログに投稿してたものを再投稿しました。
    1. 2011/03/24(木) 01:35:39|
    2. 生活
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    義母のお見舞いに

    夕焼けが綺麗だった

    脳梗塞で倒れてから、2年ちょっとの義母のお見舞いに妻と行きました。意識があるのか、無いのかよく判らないけど、寝てばかりいるのも辛そうです。完全介護で面倒をみてもらっているので助かりますが、もし義父と妻と私で面倒を見なければならなかったら、大変ですよね。これから年寄りが増えるので、先行きを考えると理想的には、ぽっくりと死にたいと強く思ってしまいます。
    1. 2011/03/20(日) 12:44:41|
    2. 家族
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。